« あまり乗り気じゃ・・・ | トップページ | 満月の蒲刈 »

2008年4月13日 (日)

一週遅れの岩城島

先週は闇夜の大潮で岩城島に行く気満々だったんですがドタキャンにあい断念、今週こそはとH氏、M氏、M島氏に声を掛ける。H氏→多分大丈夫だろうとの返事、M氏→仕事だから微妙・・・、M島氏→行きます!

しか~し、いざふたを開けてみるとM氏→仕事が終わらず断念。M島氏→急遽歓送迎会が入る・・・結局、H氏のみ。危うく今週も断念になりかけましたcoldsweats01

今週は干潮21時、満潮5時なんで満ち上がりを朝まで釣れる潮です。

18時出発、19時のフェリーに乗り釣り場到着20時。干底で潮がありません。一晩中釣る予定が当分釣りになりそうにないです。今回は白魚&ルアーの二本立て。まずは胴付きに白魚をつけ探る・・・が、潮がないので釣りにならず。こりゃ当分釣りにならんな~って思ってるとH氏すでにお休みモード・・・これを見てわたしもまけじとテトラによかり仮眠モードにzzz

うとうとしてると潮が満ちてきて再度開始。

開始早々竿が曲がる!  しか~し、小さい・・・15cm級です。当たりは良くあるのですがなにしろ小さい。キャッチとリリースを繰返しているとH氏お目覚めです。H氏、これまで浮き、胴付き、のべ竿と一通りし、全て返り討ちです。ついに最終兵器のメバリングを始めました。するといきなりHIT! その後も連続HIT!それを見たわたしもメバリングに変更。するとこちらもHIT!・・・しかしながら型が・・・これまたキャッチとリリースを繰返すが明らかにリリースの方が多いい・・・

良型が来ないまま潮が満ち上がり当たりが少なくなったので港に戻る事にしましたrvcardash

港は水深があるんでちょっくらメタルジグで攻めてみます。岸壁際を底まで沈めチョコンチョコンと探るとガッツーン!っと根掛かりですdespair がっちりフッキングして外れる気配無し・・・メタル1号、4月13日午前5時長江港にて殉職crying

その後2号が敵討ちに出動するが反応無く撤収。結局こんだけ~でした↓20412

   入れ込みすぎて空振りに終わった”Hana”でした~♪

|

« あまり乗り気じゃ・・・ | トップページ | 満月の蒲刈 »

メバル・アコウ」カテゴリの記事

コメント

えーっ、でも沢山ですよ!
15cmクラスはリリースでしょうぉ、ってことはKeepがこれだけってことですからぁ!

私の場合なら、ほとんどKeep^^;
ってやったら今週は大変なことになってしまいましたぁ・・・

投稿: てっち | 2008年4月13日 (日) 19時19分

空振りなんて・・・良い釣果ですよ~。
多少は自然保護においてい置かないとね。

メタルジグですか 殉職は辛いですね 
でもボトムを攻めないと大物が居ない・・・必要経費ですね。

殆んど徹夜で釣行 恐れ入ります。

投稿: ハリー | 2008年4月13日 (日) 20時01分

てっちさん こんばんは
潮が流れ出すとばたばたっと釣れるんですが・・・
型がイマイチ、 デカイんもいるはずなんですがね~
我が竿には来ず・・・sad


ハリーさん こんばんは
この時期、もっと釣れる予定だったんですが・・・
年々魚影が薄くなりますdespair
そろそろキスにチェンジかな・・・

投稿: Hana | 2008年4月13日 (日) 22時26分

昔岩城港の波止が一文字だったころは大型入れ食いだったんですが、つながってからは釣り荒れひどく期待できなくなりましたね。西部も今一、前の一文字がまあまあですが、沖向きで満ち潮だけ釣れますね。北のテトラも中・小型がうじゃうじゃいます。

投稿: NTY | 2008年4月14日 (月) 07時56分

Hanaさん こんだけ釣れれば、まずまずでしょ〜 型に多少不満かもですね〜 メタルは、足下だと すぐ根掛かりしますよ〜 沖の駆上がりを 軽くシャクッテやってみて下さい! もちろんフックは、シングルにチューンして下さいよ〜 スプーン用の 細軸なら フックが、伸びたり 折れたりして メタルは、回収できますから〜

投稿: SEKIZEN | 2008年4月14日 (月) 11時52分

NTYさん こんばんは
5年くらい前に行き始めた頃はいい型も来てたんですがね~
最近は釣り人も少ないです。
そろそろ新規開拓をせねば・・・


SEKIZENさん こんばんは
メタルの使い方そーなんですか!
普通に足元に落として探ってましたわ~
フックもノーマルのままで・・・ 勉強になります(^_^;)

投稿: Hana | 2008年4月14日 (月) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あまり乗り気じゃ・・・ | トップページ | 満月の蒲刈 »